妊娠を諦めない【不妊治療で妊娠の可能性を上げよう】
ロゴ

不妊治療は状況に合わせて治療法を検討する必要がある

妊娠を諦めない【不妊治療で妊娠の可能性を上げよう】

男女

不妊症の目安

不妊症と言っても、どのくらいの期間妊娠が望めないことを言うのかあいまいな人もいるでしょう。一般的には、避妊をしていないにもかかわらず、1年間妊娠しない場合を不妊症と呼びます。大阪では不妊治療を行っているクリニックがたくさんあるので、「不妊かな」と思ったら検査を受けてみるといいでしょう。

不妊治療の副作用

不妊治療で心配する人が多いのが、副作用についてです。排卵誘発という治療法の場合、静脈血栓や卵巣過剰刺激症候群を引き起こす可能性があります。しかし、専門の医師のもとで治療を行えば、事前に検査も行うので特に心配する必要はありません。

ステップアップしていくのが一般的

不妊治療では基本的な検査を行い、異常がないようならまずはタイミング療法から試していきます。効果がなければ、排卵誘発に移るなど、徐々にステップアップした治療を行っていきます。第2・3段階となる人工授精と体外受精の治療法の違いについて詳しく見てみましょう。

人工授精と体外受精の違い

人工授精

あらかじめ採取して洗浄・濃縮させた精子を、排卵の時期に合わせて子宮内に入れる方法です。初期治療のタイミング法では効果がなかった人や精子の数が十分でない人が行います。

体外受精

人工授精の効果がなかった人や、体内受精が難しい人に勧められる治療法です。採取した卵子と精子を体外で受精させ、受精卵となってから子宮内に戻します。

広告募集中