ロゴ

【不妊治療の第一歩】自分のリスクを自覚する

不妊症の割合

世界的に見ると約9%の割合で不妊症の人がいると推定されます。また、30歳後半になると年齢を重ねるごとに妊娠しづらくなり、日本では2010年の初産年齢が28.8歳となっていることから、不妊に悩んでいる人たちが増加していると言えます。

排卵誘発剤で使われる薬の種類

  • クロミフェン
  • シクロフェニル
  • ドーパミン作動薬
  • ゴナドトロピン製剤

補助金制度も利用できる

不妊治療を行う場合、「特定不妊治療助成金」という制度を利用できる場合があります。特定不妊治療とは、顕微授精や体外受精などの高度不妊治療のことを指します。全国どこでも受けることができるので、高度治療を受ける際はぜひ利用しましょう。

不妊治療を始める前に不妊のリスクが高くなることについて知ろう

検査薬と錠剤

月経異常がある女性は要注意

月経不順や、量・期間に異常が見られる、月経時に異常な症状を伴うなどの問題がある女性の場合、不妊治療を必要とする不妊症のリスクが高くなると言われています。また、性感染症や子宮筋腫にかかったことのある人も病院で検査を受けましょう。妊娠しずらいとわかったら、すぐに不妊治療を始めるのが大切です。

男性は小児期の病気に注目

男性側にある不妊のリスクとしては、小児期の病気があります。ヘルニア手術を受けたリ、睾丸炎を起こしたことのある人の場合は精子の数が少なかったりすることがあります。病院で検査を受ける他、女性と一緒に葉酸や妊活マカを飲んで、精子の質向上に努めるといいですね。

不妊治療を行った人の声

無精子症でも妊娠できました

なかなか妊娠しないため、夫婦で検査を受けたら主人が無精子症であることがわかりました。無精子症ときいて諦めるしかないのかと思いましたが、大阪の病院で適切な治療を行うことで妊娠することができました!

妊活がやっと終わりました!

長年妊活していて、諦めそうになったこともありましたが、先生が優しく励ましてくれたおかげで頑張れました。待望の女の子を出産することができて、家族全員が喜んでいます。

体外受精で男の子を出産しました

タイミング法、人工授精と試してもダメだったので体外受精まで行いました。他の方法に比べて体の負担はありましたが、やっと妊娠したときには涙が出るほど嬉しかったです。

タイミング法で授かることができました

検査しても特に問題がないとのことだったので、タイミング法を進められました。お医者さんにタイミングを教えてもらってその通りにしてみたら、無事妊娠することができ、本当に嬉しいです。

[PR]大阪で不妊鍼灸の専門医院を受診
優良クリニックを厳選まとめ☆

[PR]無精子症の検査を受けよう
優良クリニックを厳選特集♪

[PR]人気の妊活マカをpickup☆
価格や特徴を徹底解説!

[PR]妊活に必要な栄養素はサプリで補おう
優良商品の特徴を徹底解説!

[PR]不妊治療は大阪で受けるのがお勧め
施術内容を要チェック!

広告募集中